人生を諦めたくなるほどの出来事に遭遇し、悲しみと苦しみの荒波に直面しながらも、なんとか乗り越えることができた……そんなかけがえのない体験談をここでご紹介いたします。
あなたの心に希望の光が灯りますように。

自殺を踏みとどまり、克服された方々の体験談

リストラ、借金、自殺未遂からの再出発(40代・男性)ページを開く

「君なら独身だし、まだ若いし、どこに行っても大丈夫だから……」と、上司に告げられたある夏の日から、私の人生が転落し始めました。

いじめ、不登校、非行…荒れていた私が、立ち直るまで(20代・女性)ページを開く

まるで出口の見えないトンネルの中を歩いているようで、苦しくてどうしようもない10代。薄暗く見えた私の人生に、一条の光が差し込みました。

夫の暴力と借金に苦しんだ40数年(60代・女性)ページを開く

憧れの男性との運命の出会い、そして、結婚。誰もが描く幸せの形だったはずなのに私は、誰にも言えない不安を抱えていました。なぜなら、彼にはもう一つの顔があったからです。

孤独感に襲われて自殺未遂…私に訪れた奇跡(40代・男性)ページを開く

2002年の夏。私は海で入水自殺を試みました。(死んだら、楽になれる……)しかし、頭が水につかり、体が沈み始めたそのとき、家族の顔が思い浮かんできたのです。

継母からの虐待、父への恨み…苦悩の中で掴んだ幸福(30代・女性)ページを開く

継母に呼びつけられて部屋に入ると、梁にかけられたロープの輪の下に、椅子が置いてありました。畳の上には、カミソリが……。

出向を機に発症…ウツ病、幻聴、寝たきりとの死闘(40代・男性)ページを開く

子会社本社への出向から約1カ月半。ある日、突然、仕事中に頭上から心臓にかけて、稲妻のような閃光が通り抜けました。痺れるような衝撃を受け、悲しみの涙が流れ、私は放心状態になってしまいました。

障害、病気、死別、続く苦難…全てが魂の糧だった(50代・女性)ページを開く

主人が亡くなった後、私に遺されたものは、主人の手術費用と、事業の借金三億円。さらに、二人の子供の教育費に治療費。そして自分の統合失調症──。

アスペルガー症候群とともに生きる(20代・女性)ページを開く

思い返せば、幼稚園のころからすでに、“その兆候”はありました。クラスの子供たちがきゃあきゃあと楽しそうにはしゃいでいても、その輪の中に私はいません。私が何か言うと、相手は何か言いたげに表情を曇らせます。

育児ノイローゼ──辿り着いたストレスレスな考え方(50代・女性)ページを開く

それまで小さい子と触れ合う機会もなく、子供との接し方がわからず戸惑いました。泣き出しただけでパニックになり、つい感情的になることも……。

不登校、引きこもり…私が夢を描けるようになるまで(20代・女性)ページを開く

嫌がらせは長く続き、だんだんと「学校に行きたくない」という気持ちが強まってきたのです。行ったり行かなかったりする日々が続き、あるとき、プツンと糸が切れたように、完全に学校に行けなくなりました。

自殺寸前の憑依状態から元気を取り戻した信仰の力(40代・女性)ページを開く

パタッ、パタッ、パタッ、パタッ……。不信に思って息をひそめていると、その足音が、私の部屋の前でぴたりと止まりました。心臓が凍りつきました。そこに、青白い顔をした女の幽霊が立っていたのです。

過食嘔吐が止められなかった日々──(20代・女性)ページを開く

(これって、ストレス発散になるのかな……?)偶然テレビで見た「過食嘔吐」の再現ドラマでは、大量の食べ物を胃に収めた女性が、すぐにトイレで嘔吐する様子が映っていました。

家族の自殺で人生が一変しながらも、悲しみを乗り越え、幸福をつかまれた方々の体験談

父と母を焼身自殺で失って(30代・男性)ページを開く

私が11歳の時に母が焼身自殺、17歳の時に父までも……!親を恨み続け、「やられたら、やり返す」という私の暗い人生観が、ある言葉によって完全に覆されました。

自殺と病死──連続する不幸の中、真理を探し求めて(70代・女性)ページを開く

第一発見者は、私でした。その後のことは、記憶がすっぽりと抜けています。ただ、私が叫んだ声が、ご近所にまで聞こえたと、後から知りました。

優しかった父の自殺──衝撃と悲しみを乗り越えて(30代・女性)ページを開く

「病院で、ノイローゼって言われた……」家族の食卓で、突然、父がみんなに言ったのです。父は、通院して薬の治療も始めたのですが、やがて不眠になり、そのせいで飲めないお酒も飲むように……。

息子の自殺──永代供養によって起きた神秘体験(70代・女性)ページを開く

「もしもし、有町さんのお宅ですか? 日光警察署の者ですが……」それは離れて暮らす次男のただしが、日光の山中で自ら命を絶ったという知らせだったのです。

雑誌に掲載されているおすすめの体験談

パニック障害(50代・女性)

36歳でパニック障害を発症し、その後、約14年かけて克服された女性の体験談が幸福になることを目指す心と体の健康誌 月刊「アー・ユー・ハッピー?」2020年10月号P38~39に掲載されています。

パニック障害とは、理由もなく、突然、強い恐怖とともに動悸やめまい、痙攣けいれんなどに襲われる「パニック発作」を繰り返す病気です。いつパニック発作が起きるか予測できないため、克服できずにいると、生涯の苦しみとして人生に重くのしかっかってしまいます。もしも今、パニック障害の苦しみの渦中にいらっしゃる方は、是非、本誌をお読みください。あなたの苦しみが一日でも早く取り除かれますように。

てんかん発作の不安を克服(30代・女性)

小学4年生で「てんかん」になり、その後、約16年かけて克服された女性の体験談が幸福になることを目指す心と体の健康誌 月刊「アー・ユー・ハッピー?」2019年12月号P34~37に掲載されています。

てんかんとは、意識障害や痙攣けいれんなどの発作を繰り返し起こす脳の病気と言われています。上述のパニック発作と同様に、いつ発作が起きるか予測できないため、克服できないと、生涯の苦しみとして人生に重くのしかっかってしまいます。もしも今、てんかんの苦しみの渦中にいらっしゃる方は、是非、本誌をお読みください。あなたの苦しみが一日でも早く取り除かれますように。

失明による絶望からの復活(60代・女性)

29歳で失明し、人生に絶望していた女性が、神仏の愛に気づき、幸福をつかむまでの体験談が幸福になることを目指す心と体の健康誌 月刊「アー・ユー・ハッピー?」2019年12月号P30~33に掲載されています。

もしも今、失明や失明の恐怖で苦しまれている方がご家族等にいらっしゃる方は、是非、本誌を読み聞かせてあげてください。あなたの大切な人の苦しみが一日でも早く取り除かれますように。

家族の自殺(40代・女性)

大好きだった兄と母を立て続けに自殺で亡くし、家族の自殺を止められなかった罪悪感にさいなまれていた女性が、信仰に目覚め、前を向いて生きていけるようになるまでの体験談が幸福になることを目指す心と体の健康誌 月刊「アー・ユー・ハッピー?」2020年8月号P16~19に掲載されています。

もしも今、家族の自殺を止められなかった罪悪感に押しつぶされそうな方は、是非、本誌をお読みください。あなたの苦しみが一日でも早く取り除かれますように。

お知らせ

「アー・ユー・ハッピー?」公式サイトには、「心のお悩み相談室」というページもございます。気になる方は、こちらをクリックしてください。