人生におけるさまざまな出来事で良心が痛み、自分を責めてしまうあなたへ。
もう自分を責めないでください。
あなたはもう十分に悩み苦しんだはずです。
あなたの心が解放されますように、この言葉を贈ります。

大川隆法総裁の教えの中から、いま、あなたに必要な心の処方せんを選びました。

 

INDEX

 

自分を許す勇気

自分を許す勇気

この世においては、この世で生き抜くための方法、知恵を駆使して戦うべきだと思います。

ただ、いくら知恵を駆使して戦っても、人間として、勝てない戦いは、やはりあります。

たとえば、みなさんが「どうしても総理大臣になりたい」と思っても、なれる見込みはあまりないでしょう。確率的に見れば、千分の一も万分の一もないでしょう。

それでは、総理大臣になった人が、みなさんよりも優秀かといえば、それほどでもないこともあります。不思議なことですが、総理大臣になる人は、そういう運命にあったとしか言いようがないのです。逆に、そういう運命にない人は、「総理大臣になりたい」と思っても、なかなかなれず、敗れる可能性のほうが高いのです。

あるいは、もし「天皇になりたい」と思ったならば、これは革命を起こすことになるので、天皇になるよりも先に、死刑になる可能性のほうが高いでしょう。

したがって、ある程度、冷静に考え、この世的な力を尽くして戦い、勝つべきではありますが、勝てずに、負け戦になるときもあります。そのときの踏ん張り方、耐え忍び方が大事なのです。

知恵を尽くしても勝てず、敗れ去ったとき、次に必要なものは何でしょうか。それは勇気です。どのような勇気であるかといえば、自分を許す勇気です。

「自分はだめなのだ。こんな人間はだめなのだ」と、自分を責める思いもあるでしょうが、自分を許す勇気も必要です。「自分なりによくがんばった。力の限りを尽くした。しかし、力及ばなかった。これについては、しかたがない」と、自分を許す力、自分を許す勇気が必要なのです。

「一生懸命、努力し、がんばったけれども、武運つたなく、どうしても成功に届かなかった」というときに、潔く、戦いの矛を納め、負けを認める勇気が要ります。負けを認めるのはつらいことですが、そうする勇気が必要です。そのときに、自分を許す力というものが出てくるのです。

大川隆法著『大悟の法』より

 

心の苦しみにも時効があってよい

自分を許せないために、十年も二十年も苦しんでいる人はたくさんいます。

「人間関係で失敗した」「会社で失敗した」「事業で失敗した」「異性関係で失敗した」など、過去の失敗の経験はいろいろあるでしょう。大勢の人が、さまざまな苦しみのなかで生きているわけであり、この世には、人間の数だけの苦しみと失敗、挫折があるのです。

残念ながら、全員が成功することはできません。ある人にとっての成功は、ほかの人にとっての失敗であることも多いからです。

そのときに、いつまでも苦しみつづけるのは愚かだと思います。反省すべきことは反省し、今後はしないようにすることです。詫びるべきことは詫び、認めるべき間違いは認めることです。しかし、一定の期間を超えて長く苦しみつづけることは、愚の骨頂であると思わなければいけません。

法律の世界では、民法でも刑法でも、時効という制度があります。その理由のなかには、「年数がたつと、債権・債務関係がよく分からなくなる」「証拠がよく分からなくなる」というような技術的なこともありますが、もう一つには、民事であろうと刑事であろうと、「人の記憶が薄れていく」「怒りが薄れていく」ということもあるのです。

たとえば、民事で、「貸したお金を返せ」という争いがある場合に、年数がたつと、ほんとうに貸したかどうか、債権・債務関係が分からなくなってきますし、人の記憶も薄れてきます。「十年も二十年もたってから、『返してくれ』と言うようなお金は、そもそも、返してもらっても返してもらわなくても、どちらでもいいようなお金だったのではないか」というような見方もあります。

あるいは、殺人事件でも、時間がたつと、「実は、こんなことがあった」などと言っても、証拠もないし、当時の関係者もいないし、事実関係が分からなくなります。そして、憎しみや恐怖などの感情も薄れてきます。

こういうことが時効制度の背景にはあるのです。

法律にも、そういうものがあるならば、人間の心、自分自身の心においても、一定の時効があってよいと思います。
「この問題については、自分は充分に苦しんだ。もう三年もたったのだから、自分を許そう」というように思うことです。

大川隆法著『大悟の法』より

 

平和な心と自分自身を許す気持ちを

平和な心と自分自身を許す気持ちを

ガンになりやすいタイプには、他の人に対して害を与えるようなタイプもあれば、自己処罰の観念が強すぎて、自分をいじめすぎるタイプ、要するに、「自分は悪いことをした罪人だ」と考えるタイプもあります。

自分で自分が許せない気持ちを持っていると、それがどこかで病気となって現れてきます。ある意味では、自分で自分を処罰するわけですが、自分に対する罰点が現実化してきて、それにふさわしい病気になることがあります。体のどこに症状が出るかは人それぞれですが、そういう病気ができ上がってくるのです。

この場合は「良心が痛む」ということが原因です。

攻撃的なタイプの場合は、当会の教えでいくと、「貪・瞋・癡」、すなわち、貪欲、貪りの心と、怒りの心と、愚かな心が原因です。

したがって、煩悩に迷わされる愚かな心などを取り去る訓練をし、そういう反省をしながら、平和的、瞑想的な心をつくることが大事です。そのためには、たとえば幸福の科学の精舎などで研修を受けるとよいでしょう。

もう一方の、自責するタイプ、自分を責めるタイプは、宗教的人格の人にわりあい多いので、そういう人は用心しなければいけません。

どうか、「他の人だけが人類ではないのだ」ということも覚えておいてください。「人間、あるいは人類は、自分以外の人たちだけではないのだ。自分もまた人間であり、自分もまた人類なのだ。自分もまた、仏が、この世に存在することをよしとされた人間なのだ。自分もまた、根源の神が光を与えられた存在なのだ」ということを忘れないでいただきたいのです。

誠実で責任感が強く、使命感があり、まじめで仕事をさぼらない、すごく熱心な、いい人ではあっても、自己処罰の観念が強いと、自分という、人間として生まれた一つの生命を損なうことになるわけです。そのように、自分をいじめて潰してしまうことは、自分自身を不幸にするだけでなく、やがて他の人も巻き込むことになります。自分が不幸になるのはまだよいのですが、自分の家族なども不幸にするのです。

たとえば、「まじめで責任感が強く、会社の責任を一身に背負って熱心に働き、ガンに罹って四十五歳で死んだ」という人の場合、会社にも迷惑がかかりますが、遺された家族は、そのあと大変なのです。

「自分を責める」ということは正義のようにも見えますが、「度が過ぎると、やはり悪になることがある」ということを知らなくてはいけません。

ここで大事なことは、「宗教的人格、道徳的人格、倫理的人格を持った人の自己処罰に関しては、『許し』という概念を入れないと、どうしても解決がつかない」ということです。

そういう人は、「自他共に、百パーセント完全な人はいないのだ。多くの人は、さまざまな間違いをして生きているのだ。ただ、間違いもしているが、正しいことだってしている。失敗もしているが、成功もしている。人間は、そういう両面を持った存在なのだ」ということを自覚する必要があるのです。

大川隆法著『復活の法』より

 

失敗のなかから「成功の種子」をつかみ出そう

「失敗のなかから何を学んでいくか」ということが、成功学にとって最も大事なことでもあります。失敗のなかから、単に、自己卑下や劣等感、世を呪う言葉といったものしか引き出せないならば、やはり、成功者の仲間に入ることは困難です。

あなたは、失敗のなかから何を学びますか。

「失敗した」ということは、「挑戦した」ということです。挑戦しなければ失敗するはずはありません。挑戦した結果、失敗したのならば、「そこから何を学ぶか」ということが大事です。失敗の事実は、「自分に何が足りなかったのか。どうして成功しなかったのか」ということを考える材料を与えてくれているわけです。

例えば、能力や才能が足りなかったのかもしれません。環境が悪かったのかもしれません。何か事情があったのかもしれません。

ただ、その現実は、必ず、あなたに何かを教えています。そこから、学び取れるだけ学び取ることが大事です。そうすれば、次に同じような局面が現れたとき、それを楽々と越えていくことができるようになるのです。

そうすると、必ず、また新たな試練が現れてくるので、それを乗り越えていかなければなりません。

成功学において最も大事なのは、前述したとおり、「失敗のなかから成功の種子を見いだし、それをつかみ出す」ということです。これだけは、どうしても心掛けておかねばなりません。失敗を避けるだけでは、成功することはできないのです。それは、「チャレンジしない」ということを意味するからです。

チャレンジするかぎり、失敗は出てきますが、「失敗から何かをつかみ取り、よりいっそう大きくなろう」という気持ちを持たなくてはならないのです。

大川隆法著『未来の法』より

 

「不幸を愛する傾向」がないか、確認する

人によっては、自分が波にもまれて溺れかかり、あっぷあっぷしていることを、まるで楽しんでいるかのような人もいます。もし自らの心のなかにそういう傾向があるならば、それを修正する必要があります。

私の著書のなかでは、『「幸福になれない」症候群』(幸福の科学出版刊)など幾つかの本に書いてありますが、人間には、自分では気がつかないながら、「不幸を愛する傾向」というものが必ずあります。他の人が見ると多少は分かるのですが、自分自身では、これが、そう簡単には分からないのです。

過去、悲しんだことや苦しんだこと、失敗したことなどが心のなかに刻まれると、失敗のパターンのようなものが出来上がってきます。

そして、似たような状況が起き始め、「前にも似たようなことがあったな」と感じると、そのまま、その失敗のパターンにスーッと入っていき、また同じような結果になります。そういうことが繰り返し起きるのです。

仕事や人間関係などにおいて、過去の失敗と似たような兆候が出てきて、「これから、また前と同じようになるのかな」と思っていると、昔に味わった苦い思い出とそっくりの現象が出てくるわけです。

人間は、自分の不幸を、ほかの人や環境など、外部のせいにしやすいものです。まさか、自分自身が、失敗のパターンをつくり出し、その失敗のかたちを愛しているとは、なかなか思えないのです。

そのため、不幸な人には、不幸な体験を何度も繰り返す傾向があります。

もし、不幸な体験が、二つ、三つ、あるいは、それ以上続くようであれば、一度、自分を突き放し、第三者の目で冷静に自らを見てみる必要があります。中道に入り、白紙の目で自分自身を見つめてみることが必要なのです。

大川隆法著『心を癒す ストレス・フリーの幸福論』より

サヨナラ! 不幸なわたし

どっしり、自分らしく生きるコツ!

心に余裕、持てていますか?

幸福の科学の人気ラジオ番組「天使のモーニングコール」(全国ネット+ハワイKZOO)の過去の放送の中から、今のあなたに聴いてほしい番組をご紹介します。(音声にてお聴きいただけます)

この放送を聴いて、自殺を思いとどまった方も大勢いらっしゃいます。