HOME >  いま、どんな悩みをお持ちですか? >  職場の人間関係

いま、どんな悩みをお持ちですか?

人生はどこからでもやり直せる。苦しみを乗り切るためのヒント

職場の人間関係 – Relationship problems at Work

絶対に死なないでください。死んでラクになることはありません。 いまは、まずゆっくりと深呼吸をして、ここに書いてある言葉を読んでみてください。 この言葉にはあなたを苦しみから救う大きな力があります。

大川隆法総裁の教えの中から、いま、あなたに必要な心の処方せんを選びました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他人からの評価よりも、自分自身を変えることに力を尽くす

「職場の人間関係

「この人にとって、私は嫌いなタイプなのだな」と分かったときには、あきらめるしかありません。「今は運が悪いのだ。この人とは相性が悪いけれども、いずれまた、相性の良い人と会うこともあるだろうし、そのうち、転勤や配置替えもあるだろう」「私の評判が悪いのなら、私の悪口をどんどん私の上司に言ってくれたらよい。そうしたら、担当を替えてくれるだろう」というような考え方もあるわけです。

いちばん苦しむのは、人間関係における板挟みや、人の評価を巡る問題だろうと思いますが、実際には、自分ではどうしようもないものがほとんどなのです。

自分にできることは「考え方を変える」ということだけです。

「自分がどう考えるか。どのような対応をするか。どういう心の組み立てをするか」ということに尽きているのです。

他人が自分に対して下す評価は、自分の望むように変えさせることはできません。ただ、「自分が、自分自身のことをどう思うか。自分が、どのような態度を取るか」ということは、自分で選べることなので、そこに力点を置いていただきたいのです。

他の人が、あなたをばかにしたり、侮辱したり、からかったり、軽蔑したりしても、「お好きなように」と思うことです。それは相手の自由です。

その人は、仏の子、神の子としての自由性を、悪い方向に使っているのかもしれません。あるいは、その人は、今、あなたを苦しめているように見えるけれども、実は、あなたのことを鍛えるために怒ったりしてくれているのかもしれません。

実際に、その両方の場合がありえます。本当にあなたのことが嫌いで怒っている場合と、あなたを導こうと思っている場合と、その両方があるのです。

人の評価は一つの結果なので、自分が努力して変えられるものを変えていくことです。考え方を変え、人に対する態度を変えることです。まず、「自分のほうを変えていこう」と努力するのが、いちばん良いのです。

大川隆法著『超・絶対健康法』より

「どうも肌が合わない人」への上手な接し方とは?

自分を評価してくれない人や、自分にとって気に入らない人が、出てくることもあるでしょう。

しかし、そうした人を、全部、駄目だと思わないようにし、気に入らない場合であれば、その人のどこが気に入らないのかを分析することが大事です。

「この部分はどうも肌が合わない。自分としては受け入れがたい」と感じたとしても、他の部分を見て、「この人にも、よいところはある。こうしたところはよい」と思っていると、その思いは相手に伝わります。相手は、「自分は全面的に否定されているのではない。この人は、自分のこの部分を嫌っているが、他のところはよく思ってくれている」と感じるのです。

すると、相手の人は自分を変えようとしはじめます。

「この人と話すときは、ここを控えればよいのだな」ということが分かるので、相手が変わってきて、そのよいところが出てくるようになるのです。

これは、知らず知らずのうちに、相手の変革を促していることになります。

「この人にも、よいところはある」という見方をすることによって、相手を変えうるのです。

しかし、「嫌いだ」と拒否してしまえば、取りつく島がなく、どうしようもありません。 完全拒否しないことが大事なのです。

大川隆法著『コーヒー・ブレイク』より

成功する人の上司と部下への接し方

「職場の人間関係

ビジネスで成功しない人というのは、結局において、上司を尊敬していないのです。確かに、上司となっている人にも、人間的な欠陥はあるでしょう。欠点もあるでしょう。あなたから見ていて不満に思うことは幾らでもあるでしょう。

ただ、そうでない面もあるのは事実なのです。そして、その人が自分の上司をしているということは、その人を「有能な人間だ」と判定している人が、またその上にいるということなのです。

したがって、もし、あなたが、上司を完全に無能呼ばわりし、「まったく取るに足らない、欠陥だらけの人間である」と思うなら、あなたは、その会社で、あるいは、その社会で、その組織のなかで、成功することはないと思って間違いありません。

上司のよいところと悪いところを比べてみて、「やはり、よいところが遙かに多い」と見えるようでなければ、あなたの成功はおぼつかないと思って間違いないのです。

また、「上司を尊敬する」ということの反面とも言えますが、「部下を愛する」ということなくして成功する人もいません。

では、「部下を愛する」とは、どういうことか、分かるでしょうか。それは、「その人の持つ、よいところを伸ばしてやる」ということ、また、「悪いところがあったら注意をする」ということです。

部下というのは、たまたまの巡り合わせで来ることもありますが、上司は、自分の部下を、人間的にも立派になるように、将来、仕事で一人前になって立っていけるように、さらに、高い立場に立ってもやっていけるようにしていくことが大事です。

この際に、いちばん気をつけなければならないことは、「部下の才能に嫉妬してはならない」ということです。

優秀な部下が来たときに、ともすれば、その部下に嫉妬しがちな人がいます。「何とかして足を引っ張ってみたい。ケチをつけてみたい」という気持ちを持つ人もいます。

しかし、そういう気持ちでいては、その部下が出世できないことは当然のことですが、そのような評価を下すあなた自身も、そこで出世が止まることになるのです。

ほんとうに偉くなっていく人というのは、「才能を愛する」という傾向を持っています。

自分にない才能を持っている人を愛し、自分にない素晴らしい面がある人を愛し、そして、育てていこうとする気持ちがあります。

「部下を愛する」という気持ちは、実は、「自分とは違った個性である部下を、その個性のままに伸ばしていきたい」という気持ちを持つことをも意味しています。

むしろ、自分より優れた人物を配下に置いて、それを自慢にするぐらいの高い心境にならなければいけないのです。そのくらいの心境になって初めて、その人も出世していけるのだと私は思います。

大川隆法著『アイム・ファイン』より

仕事は自分がして、手柄は人に譲る

どのような上司に仕えても、その上司を必ず出世させるぐらいの部下であれば、必ず登用されていきます。それは当然です。よい仕事をするためには、優秀な部下を集めるに限るのです。優秀な部下を集めていれば、自分が何もしなくても業績は上がり、偉くなれるのです。このように、上の人もそれなりに苦しんでいるということを知らなくてはなりません。

サラリーマンとしての出世街道を上っていくためには、「どの職場の、どのような上司の下に行っても、自分が行ったならば、その上司を必ず出世させてみせる」という意気込みで仕事をすることです。どこへ行っても、そこの上司を出世させるのです。好ききらいは別として、自分が仕事でサポートし、その上司を必ず伸ばしてみせるということです。

その際に大事な点は、手柄を自分のものにしないこと、「自分がやった」と主張しないことです。これができないタイプの人は、どこかで足をすくわれることになります。

仕事は自分がして、手柄は人に譲ることです。部下たる者の心得として、仕事は自分が一生懸命にやり、その手柄は上司に帰することが大切なのです。このようなタイプの人は必ず出世していきます。

「自分は上司に認められていない」と思っている人は、おそらく、「手柄を自分のものにしたい」という思いが強いのです。こうした人は「手柄を自分に帰さない」という考え方でやっていくことです。そうすれば、必ず道が開けます。

大川隆法著『「幸福になれない」症候群』より

徹底的に反省をしてみる

徹底的に反省をしてみる

人間関係がうまくいかなかった人は、一度、徹底的に反省をしてみる必要があります。自己反省です。これをやらなくては、どうにもなりません。「何ゆえに自分は人間関係がうまくいかないのか」ということを、みずからに問うてみるのです。

「自分自身の、人間としてのあり方、考え方、性格に、何か不自然なものがあるのではないか。自分の行動の仕方に、何か問題があるのではないか」―そうしたことを自己反省していただきたいのです。そして、人間関係をじょうずに築いている人と自分との違いがどこにあるのかを、よくよく振り返ってみていただきたいと思います。

できれば一日に三十分ぐらい自分を振り返り、幼いときから現在まで、年代を区切って自己反省をしてみていただきたいのです。生まれてから、三、四歳までのこと。次に、五、六歳までのこと。さらに、小学校の低学年や高学年、中学校、高校、大学までのこと。社会に出てからのこと。このように、ある程度、年代を区切って、過去を振り返ってみることです。

そして、「現在の自分の性格が、どのような原因から発生しているのか」ということを探ってみるのです。

それは意外に、子供のころにわがままだったことが、そのまま出ているのかもしれません。

また、一人っ子であるために、人間関係をじょうずに築けないのかもしれません。田舎に育ったことが、都会の生活のリズムや形態に合わないのかもしれません。あるいは、仕事そのものが、自分の性格と合っていないのかもしれません。

このように、一度、自分史というものを徹底的に振り返り、よく考えてみることが大事です。そのときに、何らかの反省点が必ず見つかるはずです。そうすれば、会社での出世うんぬんはともかくとして、まず、人間としての自分の修正はできます。少なくとも、人間として立派になることは可能なのです。

大川隆法著『「幸福になれない」症候群』より

聴く処方せん(ラジオ番組「天使のモーニングコール」より)

幸福の科学の人気ラジオ番組「天使のモーニングコール」(全国ネット+ハワイKZOO)の過去の放送の中から、今のあなたに聴いてほしい番組をご紹介します。(音声にてお聴きいただけます)

この放送を聴いて、自殺を思いとどまった方も大勢いらっしゃいます。

Categories
Play
お近くの幸福の科学の支部

支部では職員やスタッフが人生相談をお受けし、あなたを幸福にするお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

ザ・リアルドラマ「自殺してはいけない本当の理由」