HOME >  いま、どんな悩みをお持ちですか? >  介護・看病疲れ

いま、どんな悩みをお持ちですか?

人生はどこからでもやり直せる。苦しみを乗り切るためのヒント

介護・看病疲れ – Nursing Care Fatigue

絶対に死なないでください。死んでラクになることはありません。 いまは、まずゆっくりと深呼吸をして、ここに書いてある言葉を読んでみてください。 この言葉にはあなたを苦しみから救う大きな力があります。

大川隆法総裁の教えの中から、いま、あなたに必要な心の処方せんを選びました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しみや悲しみは魂を光らせるためのヤスリ

介護・看病の真実の視点

私には、看病して疲れておられるご家族のかたに、あえてムチ打つ気持ちはありません。しかし、家族に病人が出たという厳しい環境のなかで、いかに朗らかに、いかに明るく、いかに希望に燃えて生きられるかということが、あなた方の魂を光らせるための試練になっているのです。

考えてみれば、ヤスリをかけられるときには、その金属は痛くて悲鳴をあげているように思われるかもしれませんが、その後にはピカピカに光るものです。また、サンドペーパーをかけられてピカピカに光っていく木もあります。木目は、ザラザラしたもので何度も何度も擦られるとき、もし人間のような気持ちがあるとすれば痛いのでしょうが、それでも、その時期を通り越してみると、みごとにピカピカに輝く、美しい素材になっていくことがあります。

人生もこれと同じなのです。あらゆる苦しみや悲しみも、魂を光らせるためのヤスリだと思ったときには、どんなものでも耐えていけるのです。

むしろ、そうした悲しみのときにこそ、宗教的な飛躍というものが訪れることがあります。そうしたときにこそ、人間は救いを求め、魂の領域において一段と飛躍をすることができるのです。

ですから、病人が出たからといって、それを自分の不幸の言い訳にすることなく、そうした病人が出たことによって、自分が魂の修行の機会を与えられたことに感謝をし、そして、そのなかで己れの心の修行をすることです。

大川隆法著『幸福のつかみ方』より

看護・介護の心得

大きな目で見たなら、一生のうちに、家庭に病人を持たない人は、ほとんどいないかもしれません。病気、事故、不慮の災難、そして、それに基づく死。こうしたものは人生の折々に見受けられるものです。それは人々を深い悲しみの淵に立たせることになります。

現実に病人をかかえ、看病に明け暮れている家庭は、とても暗くなっていることでしょう。

ただ、私は、その暗い面だけを、あまり強く捉えすぎてはいけないと思います。

人間は、本体である魂が肉体に宿って修行をしている存在です。たとえ、その体が病に冒されて苦しんだとしても、魂そのものは、地上を去って、あの世に還ったときには、元どおりの完全な姿になります。

病に苦しんでいる姿は、あくまでも、この地上で修行をしていく途中に現れてくるものであって、永続的なものではありません。

たとえ、その目には、どんなに地獄の苦しみのように見えたとしても、肉体というものから逃れ去り、魂そのものとなったときに、人は自由自在の境地に入ることができるのです。

そうである以上、たとえ病気に苦しみ、やがて、その病に倒れて帰らぬ人となったとしても、死んでからのちのことのほうが遙かに大事であるわけです。この世は、あくまでも、「あの世に還るための準備期間」であり、「あの世に還るための予習」なのです。

したがって、どのような問題が降りかかってきたとしても、その事件を、その事柄を、自分の魂にとって、プラスに役立てる方向に考えていくことが大事です。それが、看病する側にも、看病される病人の側にも、望まれることなのです。

大川隆法著『心と体のほんとうの関係。』より

病気は、ほんとうの愛を知るチャンスでもある

・	与える愛を象徴する花

家庭に病人が出たときには、「与える愛、尽くす愛、奉仕とは何か」ということを考えさせられもするのですから、これは、まさに、他人に対する献身の心を学ぶ機会ではないかと思います。

愛というものは、その基礎に「忍耐と寛容」を伴っているものなのです。

調子のよいときにだけ相手を愛すること、たとえば、夫の調子がよいときにだけ夫を愛したり、妻が美しいときにだけ妻を愛したりするのは簡単ですが、夫が仕事で失敗したり、妻の美貌が衰えてきたりしたときに、なおも愛するということは、なかなか難しいことでしょう。

しかし、それでも愛していこうとする、その忍耐と寛容の心が、やはり、愛というものを裏打ちするものだと思うのです。

病人に対しても同じです。家族として仲よくやってきた者のなかに不幸が起きたなら、それを辛抱強く見守ることが大事なのです。

大川隆法著『心と体のほんとうの関係。』より

介護によって家族に「愛の実践」の場が与えられている

介護をしている家族のほうには、何らかのお返しの義務のようなものがあるのかもしれませんし、「やがては自分も介護される日が来る」ということかもしれませんが、それも愛の実践です。耐えることも愛の実践なのです。

大川隆法著『心と体のほんとうの関係。』より

主婦は家庭の医者や看護婦でもある

女性としての天職のなかに医者や看護婦の役割もあると思わなければいけません。それが女性のできる愛行、菩薩行だと考えてよいのです。

そうした観点から見たならば、「家庭内で病人が出たときは、やはり主婦が頑張らざるをえない」という考え方が出てきます。「何ゆえに自分がこんな苦労をしなければならないのか」と思うかもしれませんが、主婦は本来、家庭内で医者や看護婦としての仕事をすべき立場にあり、いわばプロなのです。

病人が来たとき、医者が「なぜ私が病人を診なければいけないのか」と言っていたのでは、商売上がったりです。また、看護婦が「なぜ私が包帯を巻かなければいけないのか」と言っていては、仕事は勤まりません。主婦という職業のなかには、そうした仕事もふくまれているのです。

会社には定款というものがあって、その会社の事業目的を記してありますが、主婦という“株式会社”にも、やはり事業目的があります。そのなかには子育てなどもありますが、健康管理や栄養管理もあり、また、いざというときに医者や看護婦の役割を果たすこともふくまれているのです。

したがって、「病人の面倒を見ることは、主婦であること自体にともなう仕事である」と心得ていただきたいと思います。

大川隆法著『「幸福になれない」症候群』より

聴く処方せん(ラジオ番組「天使のモーニングコール」より)

幸福の科学の人気ラジオ番組「天使のモーニングコール」(全国ネット+ハワイKZOO)の過去の放送の中から、今のあなたに聴いてほしい番組をご紹介します。(音声にてお聴きいただけます)

この放送を聴いて、自殺を思いとどまった方も大勢いらっしゃいます。

Categories
Play
お近くの幸福の科学の支部

支部では職員やスタッフが人生相談をお受けし、あなたを幸福にするお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

ザ・リアルドラマ「自殺してはいけない本当の理由」