いま、どんな悩みをお持ちですか?

人生はどこからでもやり直せる。苦しみを乗り切るためのヒント

失業 – Losing a job

絶対に死なないでください。死んでラクになることはありません。 いまは、まずゆっくりと深呼吸をして、ここに書いてある言葉を読んでみてください。 この言葉にはあなたを苦しみから救う大きな力があります。

大川隆法総裁の教えの中から、いま、あなたに必要な心の処方せんを選びました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦難や困難で人生の底の部分を固めた人間は、強くなれる

苦難や困難で人生の底の部分を固めた人間は、強くなれる

「偉人や大人物になるためには、大病、浪人、失恋、離婚、失職などの苦難や困難を経験する必要がある」というようなことが言われています。これらがなぜ偉人や大人物になるための前提なのかといえば、こうした苦難や困難によって、これ以上は落ちないという、人生の底の部分を固めることができるからです。

自分の心の底にある“大地”を確かめた人間は、強くなれるということです。そして、困難をはね返し、立ち上がることができるのです。

「この種の困難に対して、自分はここまでは頑張れる」という限界をつかむことが大事です。したがって、苦難や困難に積極的意味を見いだすことは、そう難しいことではありません。それによって、「ほんとうに追いつめられたとき、どれだけの自己を発揮できるか」ということを知ることができるのです。

「ある人の人物を見るためには、その人が得意の絶頂にあるときと、失意の底に沈んでいるときとを見ればよい」と言われています。

得意のときに自我が出て、うぬぼれるのは凡人です。また、失意のときに泣き叫び、喚く人も凡人です。

この両極端のときに、不動心や平常心を持って生きることのできる人間は、それだけで非凡なのです。

大川隆法著『不動心』より

そのあなたでよいのです

自分の人生を他人の人生と取って替えようと思うと、そこに苦しみが生まれてきます。

そのときには、「適材適所で、自分には自分の器に合った仕事があるだろう。その器に合った仕事を一生懸命やることによって、自分の人生は全うされ、他の人にとっても幸福な生活ができるのだ」と考えるべきなのです。

大工道具にもいろいろあります。たとえば、鋸(のこぎり)もあるし、鑿(のみ)もあるし、鉋(かんな)もあります。

それぞれが、それぞれの役割を持っているのです。

「自分は、今世、いったい、いかなる役割を持って生まれてきた人間なのか」ということを、もう一度、見つめてみることです。

そうすると、「おそらく、自分は、このような使命を持った人間なのだ」ということが分かります。その天命にいちばん添ったなかで、自分を光り輝かせていくことこそが大事なのです。それを、他人の人生と入れ替えようとしてはいけません。

大川隆法著『アイム・ファイン』より

「世の中を少しでもよくしたい」という志を立てよう

「世の中を少しでもよくしたい」という志を立てよう

万一、自分の勤めていた会社が潰れたとしても、一定の期間を置いて、またどこかに転職しなければいけませんし、自分で会社をつくらなければいけなくなるかもしれません。しかし、「勤勉に働いた」ということに対する実績というか、自信のようなものが、次の活躍の舞台で生かされることがあるのです。ゆえに、熱意を伴う勤勉さを大事にしていただきたいのです。

では、勤勉さのもとにあるものは、いったい何でしょうか。それを考えると、私は、やはり、「志」という言葉が思い浮かびます。古い言葉ですが、どうしても、「志」という言葉が出てくるのです。

それは、「世の中に対して、微力であっても、何らかの愛の一滴を加えたい」という気持ちであり、大きな言葉で言えば、「人類の進歩にわずかなりとも貢献したい」という気持ちです。「世の中を少しでもよくしたい」という思いです。そういう志が、勤勉さのもとにあるのです。

自分の持ち場はたとえ小さくとも、「そういう志があるかどうか」ということで、その人の未来は大きく変わっていきます。

大川隆法著『不況に打ち克つ仕事法』より

愚痴を言ってよくなった人は、いまだ一人もいない

愚痴を言ってよくなった人は、いまだ一人もいない

みなさん、想像してみてください。

みなさんの前にいる人が、明るく積極的で建設的で、希望に燃えているならば、たとえ、その人の過去に、病気や失業、進学や卒業の失敗、事業の失敗などがあったとしても、そのようなことを問う人がどれほどいるでしょう。

そうした過去の影を引きずっていればこそ、人々は、その人を「不幸な人だ」と言うのです。

そうした過去の影を捨て去って、いまは、明るく積極的で建設的で、希望に満ちて、やる気満々で生きているならば、そこにいるのは「幸福な人」そのものではないでしょうか。

朝、目を覚ましては、「目覚めがよい。きょうも一日、頑張るぞ。年を取ることなど少しも怖くない。死ぬまで仕事をしていくぞ。世の中のために働くぞ。周りの人たちを幸福にするぞ」と考えるような人で世の中が満ちていたら、どうでしょうか。

いや、少なくとも、あなた一人が、そういう人になったならば、「世の中から不幸を一つ消し去った」と言ってよいだろうと思います。それは、まさしく実現可能なことなのです。

明るく幸福な考え方をするだけで、ほんとうに明るく幸福な人生が開けてくるのです。

明るく幸福な人生を生きるために、自分で勝手に条件をつけてはなりません。「こういう条件があれば自分は幸福になる」といった条件をつけてはならないのです。

「お金が一千万円あれば幸福になる」「よいところに就職できれば幸福になる」「よい人と結婚したら幸福になれる」「よい学校を卒業したら幸福になれる」というような条件をつける心は、卑怯な心であることを知ってください。

そのような条件にかかわりなく、みずから明るく人生を切り開いていこうとしている人の前には、見事な人生が開けてくるのです。

「勇気を持って、密林を開拓しよう」という心を持たねばなりません。そうした人がいてこそ、素晴らしい新世界が開けてくるのです。

決して条件をつけてはなりません。「こういう条件さえあれば」「これさえなければ」という考え方と、きょうで「さよなら」をしましょう。きょうからは、「これが不足だから自分は幸福になれない」というような理由は考えないことにしましょう。言い訳はやめましょう。愚痴を言うのはやめましょう。

愚痴を言ってよくなった人は、いまだ一人もいません。愚痴を言って幸福になった人など、いまだかつていません。

愚痴を言うと、自分自身も心に毒をためるばかりですし、その愚痴を聞かされた人もまた、暗い気持ちになってしまいます。愚痴は毒と同じです。二重、三重、四重になって、他の人たちを苦しめていきます。

したがって、まず、愚痴を言わないことです。

しかし、愚痴を言わないだけでは充分ではありません。愚痴の代わりに、心のなかに明るく建設的な種をまいていくことです。そうすれば、素晴らしい花が開いてきます。

大川隆法著『アイム・ファイン』より

聴く処方せん(ラジオ番組「天使のモーニングコール」より)

幸福の科学の人気ラジオ番組「天使のモーニングコール」(全国36局、海外1局)の過去の放送の中から、今のあなたに聴いてほしい番組をご紹介します。(音声にてお聴きいただけます)

この放送を聴いて、自殺を思いとどまった方も大勢いらっしゃいます。

Categories
Play
お近くの幸福の科学の支部

支部では職員やスタッフが人生相談をお受けし、あなたを幸福にするお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

ザ・リアルドラマ「自殺してはいけない本当の理由」