HOME >  いま、どんな悩みをお持ちですか? >  事業の不振

いま、どんな悩みをお持ちですか?

人生はどこからでもやり直せる。苦しみを乗り切るためのヒント

事業の不振 – Slump in Business

絶対に死なないでください。死んでラクになることはありません。 いまは、まずゆっくりと深呼吸をして、ここに書いてある言葉を読んでみてください。 この言葉にはあなたを苦しみから救う大きな力があります。

大川隆法総裁の教えの中から、いま、あなたに必要な心の処方せんを選びました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生きてこそ、立て直しもできる

事ここに至っては、敗戦処理をしなくてはいけません。「会社をいかに上手に閉めるか」ということを考えなければいけないのです。上手に閉めることができた人は、自殺せずに済みます。ところが、閉めそこなった人は、自殺したり、一家心中になったりすることがあるのです。

したがって、勝つことばかりを考えるのではなく、撤退戦というものがあることを知らなければいけません。被害をどれだけ食い止めるかが大事です。撤退して被害を食い止めれば、もう一度、戦力を立て直すことができるのです。ところが、それをしないと、全滅してしまうことがあります。

あの織田信長でさえ、「負けだ」と思ったときには、命からがら、一騎で逃げています。仲間と思っていた浅井氏が敵に寝返り、自分の軍が朝倉軍と浅井軍に挟み撃ちにされたときに、信長は、「予期せぬ挟み撃ちに遭ったら、命が幾つあっても足りない」ということで、身一つで京都へ逃げ帰っています。

メンツではないのです。もし、「自分は天下人だ」「自分は日本一強い」といったメンツを護ろうとしたならば、たとえ敵が二倍になろうと、裏切りに遭おうと、戦わなければいけなかったでしょうが、信長は、「勝ち目なし」と悟ったら、即、逃げ帰っています。

逃げることが下手な人で、生き延びて勝ち上がった武将はいません。「勝つべきときには勝ち、負けるべきときには上手に兵を引く」というのが、長く勝ち残っていくための方法なのです。

会社の経営でも同じです。勝てるときもありますが、負け戦のときもやはりあります。負け戦のときに、いかにうまく兵を引き、そして立て直しをするかということが大事なのです。

「長く勤めた社員に申し訳ない」ということで、なんとか、会社の存続を図ろうとして、借金に借金を重ねて生き延びようとする人がいます。しかし、そういうときには、「社員全員が生き延びることはできなくても、社員の八割が生き延びる方法はあるのではないか」という考え方もあるはずです。

八割が生き延びるためには、どうしたらよいでしょうか。閉めるべき部門や、切るべき商品、削るべき商品があるでしょう。返すべき借金もあるでしょう。

このように、「八割でも生き延びることはできないか」という考え方も大事です。全員が生き延びることを考えて、かえって、つぶれてしまうこともあるのです。

知恵を尽くして、撤退のための戦略も立てないと、ただただ負け戦に入っていき、自殺という結果になることも多いのです。この世的な知恵も、使うべきところは使わなければいけません。

「最後は破滅すればよい」という論理は、やはり避けるべきです。生きてこその人生であり、生きてこそ、立て直しもできるのです。過去に失敗が多かったとしても、やり直しは可能なのです。

最終的に、自殺したり、一家心中になったりするぐらいならば、その前に、やるべきことがあるのではないでしょうか。そう考えれば、確かに、やるべきことはあるのです。そこまでの状態になる前に、「あれはやめておけばよかった」「これをしなければよかった」ということは、幾らでもあるはずです。

そのように、やれるだけのことをやって、撤退をしなければいけません。

大川隆法著『大悟の法』より

人生の持ち時間のなかで逆転の努力を

この世の人生は長く生きても百二十年であり、たいていの人は数十年しか生きられません。そして、「また生まれ変わってこよう」と思っても、すぐに生まれ変わってくることはできません。

今世も、お願いにお願いを重ねて、せっかく、この世に生まれてきたのですから、そんなに死に急ぐことはないのです。いずれは死ななければいけない身であり、死ぬ時期は必ず来るのです。

そうである以上、残された持ち時間のなかで、逆転できないかどうか、努力してみる価値はあると思います。同じチャンスは二度とないので、できるだけ、がんばってみるべきです。

そのためには、あまり完全主義的な傾向は持つべきではありません。人間の持つ不完全な部分、ある意味における動物性、動物的な部分を受け入れることです。

自分にも他人にも動物的なところがあり、だからこそ、感情のままに流されて、怒ったり、嘆いたり、わめいたり、失敗したり、被害者意識を持ったり、攻撃したりすることがあるのです。

人間には、そういう不完全な部分があり、不完全な部分があるからこそ、まだ修行が残っているのだということを知らなければいけません。「不完全さをも受け入れなさい」ということです。

そして、罪というものをあまり追及しすぎると、さらに、新しい大きな罪をつくってしまうこともあります。あまりに潔癖すぎて、また大きな罪を犯すこともあるのです。

会社の経営における失敗などは、よくあることです。ただ、そのときに、プライドが許さないため、引くに引けず、強気一点張りで、さらに破滅に向かっていく場合があるのです。その結果、自分のみならず、妻子まで犠牲になってしまうこともあります。しかし、それを避けることはできたはずなのです。

したがって、名誉やプライドだけで戦うのではなく、冷静になって対応の仕方を考えることです。この世的な知恵で対応できるものは、知恵を尽くして考えるべきです。

さらに、知恵が尽きたら、次は勇気も必要です。自分を許すにも勇気が要りますし、他人を許すにも勇気が要ります。その勇気を持たなければいけません。

大川隆法著『大悟の法』より

不要なものは“淘汰”されて消えていく

不要なものは“淘汰”されて消えていく

経営に失敗した場合には、自殺する人もいますし、夜逃げをする人もいます。そこまで行かなくても、借金を背負い、どうにもならなくなっている人は、たくさんいます。

日本には、現在、何百万社かの会社がありますが、毎年、そのうちの一万も二万もの会社が潰れているのです。これが弱肉強食の市場経済の厳しさです。

会社が潰れるということは、宗教的な立場から見れば、非常に気の毒なことです。社長は、その地位を失いますし、離婚になることもよくあります。従業員も、解雇されて、どこかに再就職しなければならないので、非常に悲しいことです。

したがって、そういう「不幸」はなくしたいとは思いますが、大きなマクロの目、つまり、日本全体、世界全体の経済の枠のなかで見たときには、不要なものは、“淘汰”されて、世の中から消えていかざるをえないのです。

マーケットにおいて、あまり評価されていない商品やサービスを提供しても、お客様は、そっぽを向き、よその会社の商品を買ったり、よその会社のサービスを受けたりするようになります。

そうすると、当然ながら、経営は赤字化します。

しかし、そういう会社を潰さないために税金などで補助を行うと、国民の血税が無駄に使われることになるので、そのような甘えは、やはり許されないのです。その結果、会社は倒産します。

倒産は非常に厳しいものです。これは「法人としての死」を意味するからです。倒産は「個人における死」と同じなのです。

しかし、倒産があるからこそ企業経営者は磨かれるのです。

大川隆法著『経営入門』より

不況のときこそ創意工夫が試される

たとえば、「あと二カ月もすれば会社がつぶれる」「次の手形が不渡りになる」「借金のめどが立たない」という人もいれば、「自分の会社は非常によい仕事をしているはずなのに、なぜか売り上げが伸びず、一方、悪どいことをやっているあの会社は大きくなった」「他の会社にマーケットを荒らされてしまい、商売ができなくなった」という人もいます。

あるいは、「先祖代々、ほそぼそと魚屋をやって、それなりに暮らしを立ててきたのに、隣にスーパーマーケットができ、客を大幅に取られてしまった。これでは子供の大学進学の費用が出せなくなるかもしれないし、店だってつぶれてしまうかもしれない」という人もいれば、「鉄鋼事業を営んでいたけれども、不況のせいで、需要がまったくなくなってしまった。このままでは首をつるしか道はない」という人もいます。

もちろん、事業の不振のなかには、景気の影響によるものもあります。それまで順調だった仕事が、景気の影響を受けて不振に陥り、やっていけなくなる場合もあります。これに関しては、ある程度、逃れられない面があるでしょう。

ただ、私は、「どのような不況のときでも、着実に業績を伸ばしている会社や事業はある」と述べておきたいと思います。むしろ、「不況のときこそ、創意工夫が試される」と考えたほうがよいのかもしれません。

好況のときは、だれが商売をやってももうかるのですから、こんなおもしろいことはありません。だれがやってももうかる商売であれば、だれもがその仕事を始めようとします。

その結果、過当競争が始まり、淘汰が行なわれます。ほんとうに必要なものかどうか、ふるいにかけられて、倒産するところが出るのです。

そのときに、「おかしい。こんなはずではなかった」と言っても、しかたがありません。必要でもないのに大勢の人がやっているのならば、やがて転業していかざるをえないのです。

問題は、そのときに、あなたがどちらに入っているかです。運命の女神から見て、不要な側、整理される側に入っているのか、あるいは、岩盤のごとく粘り、生き残る側に入っているのか、そのどちらかでしょう。

いまの業界のなかで生き残っていくためには、創意工夫が必要になります。同業他社がやっていない工夫を何かすることです。他と違うユニークなところを出して目印をつくり、差別化することです。

好況のときにもうけるのは比較的簡単ですが、不況のときに堅実経営をして乗り切っていくことができてこそ、あなたには経営の才能があると言えるのです。

したがって、まず、創意工夫の余地がないかどうか、もう一度、冷静に考えてみていただきたいのです。

大川隆法著『「幸福になれない」症候群』より

経営者が自殺に至らないための能力チェック

経営者が自殺に至らないための能力チェック

経営者が自殺する場合、プライドが捨てられなくて自殺することが多いのですが、プライドを捨て、適当なところで会社を閉めなくてはならない場合だってあるのです。

また、「自分には経営能力がない」と見切ったならば、経営能力のある人のところで給料を貰うことに変えたほうが安全です。そうしたほうがよいのです。

経営能力がないのに「社長になりたい」と考えている人は大勢います。そういう人は、実際に経営能力がある人の何倍もいますが、経営者になっても、やがては淘汰されてしまうのです。

病気になる場合も、やはり無理が原因でしょう。お酒の飲みすぎとか、深夜の活動とか、何らかの無理によって病気になるのでしょう。これも、やはり能力を超えた活動が原因なので、自分の能力を客観的に把握することが大事です。

それから、家族とのコミュニケーションの問題は難しいことですが、家族の協力があることも実力のうちなのです。したがって、自分の実力だけではなく、家族の実力も見極めなくてはなりません。

「自分の家族は、自分に対して、どの程度の対応をしてくれるか。どのくらいの理解があるか。わが家は、トータルで、どの程度の実力があり、どのくらいのことにまで耐えられるか」ということを考え、何年か前から準備をしておくことが大切です。

それと、自殺する人には、長期的な考え方のできない人が多いのです。自殺するのは、たいてい、短期的な考え方の人、短距離走型の人です。

そういう人は、物事を長期的に考え、一時期、撤退することも考えなくてはなりません。「身を引く」「我慢する」「臥薪嘗胆(苦しい試練、屈辱への忍耐)の時期を過ごす」、そういうことに努力したほうがよいと思います。

大川隆法著『智慧の経営』より

聴く処方せん(ラジオ番組「天使のモーニングコール」より)

幸福の科学の人気ラジオ番組「天使のモーニングコール」(全国ネット+ハワイKZOO)の過去の放送の中から、今のあなたに聴いてほしい番組をご紹介します。(音声にてお聴きいただけます)

この放送を聴いて、自殺を思いとどまった方も大勢いらっしゃいます。

Categories
Play
お近くの幸福の科学の支部

支部では職員やスタッフが人生相談をお受けし、あなたを幸福にするお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

ザ・リアルドラマ「自殺してはいけない本当の理由」