HOME >  もっと真理の言葉 >  苦難を人生の宝とせよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦難を人生の宝とせよ

人間がこの地上に生命を持つということはどういうことなのかを、考えてみましょう。
その目的のひとつは、人生修行をするということです。人間は、幾転生をくり返しながら、「己れの魂をさらに向上させるためには、どうしたらよいか」ということを考えつつ、いつも異なった環境を選んでは生まれ変わってきています。異なった職業、違った環境、そして違った人間関係を選びながら生まれてきているのです。過去に裕福であった人は貧乏に生まれてみたり、また、その逆であったり、健康であった人が病気を持ちながら生まれてきてみたりと、いろいろな経験をしながら、今世、魂を一歩進めることを至上命題として生まれてきているのです。
そうであるならば、「いま類稀なる魂修行の機会を与えられたということは、まさしく自分の人生の目的と出会ったのだ」と考えなくてはならないのです。それを逃げてはなりません。それを愚痴るようであったら、「何を言っているか。あなたは、宝探しの地図を与えられ、そして、その道を歩いてきたのでしょう。探してきたのでしょう。今ここに宝の山があるのに、何を嘆いているのか」ということになるのです。
特に、人生最大の苦難・困難のなかにある人は、それこそが、今世あなたの魂の磨きとして用意されている最大のものなのです。人生の問題集のなかのいちばん大事な問題であり、「それを避けて通っては、今世の修行はあいならん」と言われているのです。
このように各人は、それぞれの魂にあった問題集を与えられています。それ以上でも、それ以下でもありません。どのような問題が降りかかってきたとしても、それはあなたが解くことができる問題であり、また、あなたにしか解けない問題なのです。
それがまさしく目の前に現われてきたということは、自分の人生がいったいどのような人生であるかということを教えてくれているということです。自分の今世の魂修行の目的がどこにあるか、ということを教えてくれているのです。

大川隆法著『光ある時を生きよ』より