HOME >  体験談 >  夫の暴力と借金に苦しんだ40数年

夫の暴力と借金に苦しんだ40数年

60代 坂本 幸子さん(仮名)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運命の出会い

運命の出会い

(あの先輩、素敵だなぁ……)

念願の県立高校に入学し、合唱部に入った私は、そこで、坂本昭義さんと出会いました。

昭義さんは合唱部の部長。 声量豊かな美しいバスの持ち主で、高校生ながら、テレビ局の合唱団にも所属していて、いかにも育ちのよさそうな雰囲気をたたえていました。

そんな憧れの先輩と、私は、お付き合いするようになり、天にも昇る気持ちでした。

(高校に入って良かった!)

本当は、両親は私に、就職を望んでいたと思います。 実は、父が結核にかかってから、わが家は生活保護を受けていました。私の下には妹と弟が3人もいましたし、経済的に苦しいなかで、許してもらった進学だったのです。

部活が終わると、彼は必ず、私を家まで送ってくれ、親も公認の仲でした。

昭義さんは高校を卒業すると、水道局に就職し、アマチュアの合唱団に所属。やがて私も社会人になると、昭義さんと同じ合唱団に入りました。

お付き合いが始まって5年。

両家の間では結婚の話が進み、彼が23歳、私が21歳のときに、結納が行われました。

けれども私は、誰にも言えない不安を抱えていたのです。

手を上げる彼

彼のもう一つの顔――。最初は他愛もない会話中でした。

「来週、友達と映画に行くの」と話したら、彼は急に不機嫌になり、「行くことねえよ!」と頭ごなしに否定したのです。

私はムッとして、「なんでダメなの?」と言い返したその瞬間、頰に痛みが……。

いきなり彼に殴られ、声も出ませんでした。 お付き合いを続けるうち、彼は私に手を上げるようになったのです。

彼に束縛されることにも、抵抗を感じていました。合唱団でも、私が他の男性と話をするだけで不機嫌になります。

もっと困ることは、私の職場で毎月開かれる親睦会の席に、彼が乗り込んできて、私を強引に連れて帰ることです。男性の隣に座っていたら大変です。

「お母さん、私、昭義さんと結婚したくない……」

思い余って母に打ち明けました。 でも、「裕福な農家の次男と結婚できるのだから」と、取り合ってくれません。結納金はすでに弟の学費に使われ、破談にするわけにはいかなかったのです。

働かない夫

結婚して2年後。

最初の子供を妊娠し、退職を間近に控えていたある日。夫の職場に電話すると……。

「坂本昭義さんは数カ月前に辞めましたよ。奥さん、知らないの?」

(そんな、まさか)

急いでアパートに戻ると、カーテンを閉めた暗い部屋で、夫がテレビを見ていました。

「何してんの、ここで!」

「会社は辞めた」

「毎日お弁当持って、どうしてたのよ!」

問い詰めても無駄でした。

その後も仕事の話をすればケンカになり、殴られるだけ。

(きっと子供が生まれたら、働いてくれる。男なんだから)

病身をおして家族のために働く父を見ていた私は、そう信じていました。

でも、そんな期待は、あっさり裏切られました。 3年おきに3人の子供が生まれても、夫は定職に就きません。私が子供を預けてパートをかけ持ちするしかなかったのです。

借金地獄の始まり

夫の裏切りは、それだけではありませんでした。

「おい。1週間以内に、この家を出るからな」

「ええ? なんで!」

サラ金でした。 お金の使い道を問いただしても、夫は口をつぐんだまま。 この家は、私の退職金をつぎ込み、私が働きに働いてローンを完済したばかりです。借金の形に取られるなんて、納得できません。 結局、200万の借金は、夫の実家が肩代わりしてくれました。

しかしその後、さらに400万の借金が発覚。それは私の両親が、苦労して工面してくれました。けれども数年後、さらに800万の借金……。

昼夜を問わず、暴力団まがいの男たちが、「金を返せ!」と怒鳴り込んできます。夫は裏口から逃げ出し、対応するのはいつも私。

脅迫の電話も鳴りやまず、電話機に座布団を重ねて子供たちを寝かしつけました。

後で分かったことですが、裕福な家庭で苦労を知らずに育った夫は、コツコツと働くことができず、小豆相場に手を出して散財したり、貧乏生活が嫌で、高価な服や食べ物にお金をつぎ込んでいたのです。

(もう、離婚しよう)

ついに私は、3人の子供を連れて、実家に帰る決意を固めました。

「子供のために」

「子供のために」

実家に戻って1カ月が経ったころ。夫が、謝りにやってきたのです。

「家族で暮らせるように、頑張りますから……」

玄関先に手をついて、泣きながら謝る夫に、父は、「帰れ!」と一喝して追い出しました。 すると、幼い長男が、夫の背中を追って駆け出したのです。

「お父さん、お父さん! ぼく一緒に帰りたいよぉ!」

飛びついてきた長男を、夫は、しっかりと抱きしめました。

2人の姿を黙って見ていた父は、私を諭すように言いました。

「幸子、どんなにバカな男でも、この子たちには父親だ。子供のために、辛抱して、帰ってやりなさい」

そうして私は、夫のもとに戻ることになったのです。

夫が「人格者」?

(本当に頑張るのかな……)

半信半疑で戻ったものの、やはり夫は定職に就きません。保険のセールスを転々としながら、合唱団の活動だけは続けていました。

しかし不思議なことに、外での夫は、「とてもいい人」で通っていました。

合唱団の仲間にも信頼されていましたし、保険の仕事では、女性たちの悩みを親身に聴いて助言をくれる、「人格者」的な存在だというのです。

あるとき私は、そんな女性の1人に喫茶店に呼び出され、こう言われました。

「あなた、あんなに素敵なご主人に愛されて、世界一の幸せ者よ。分かってるの?」

暴力と借金と束縛。それが素敵だと言うのでしょうか。

(バカバカしい。あんな夫、のしでも付けて、あんたにくれてやりたいわ)

よその人には善人顔の夫に、ますます腹が立ちました。

私が死ねば……

子供が中学生になったころ。

夫の、4回目の借金が発覚したのです。金額は、1200万円。私はとうとう自律神経を病み、精神科にかかりました。

(あの人が変わるには、私が死ぬしかないだろう)

そんな考えが頭を離れず、溜めていた薬を一気に飲み、雪の積もる山に入って行きました。遠ざかる意識のなかで、子供たちの顔が浮かびます。

気づいたときは、自宅の布団に寝かされていました。 結局、死に切れなかったのです。

(苦しくても、子供たちのために、生き抜くしかない)

私は、家族の生活と借金返済のために、夢中で働きました。

化粧品の営業、損保の代理店、ガスの検針、うどん屋、お惣菜屋など、5つの仕事をかけ持ち、早朝から夜遅くまで働き通し。土日は競馬場で馬券売りです。

もう20年以上、借金と、仕事と、時間に追われる日々……。

下の子が高校生のころには、サラ金からの借金は、14カ所、2000万以上に膨らんでいました。

(あのとき破談にしていたら、こんな人生じゃなかったのに)

何度後悔したことでしょう。

仕事の合間に、古本屋の百円棚で心理学や哲学の本を買って読み、それを再び数十円で売って、次の本を買い求めました。

転機

転機

やがて子供たちが独立し、夫婦だけになると、夫の暴力はますますひどくなりました。

夫は毎晩、晩酌をするのですが、虫の居所が悪いと、ぐいぐいとお酒を飲んで、私を布団から引きずり出し、殴る蹴る……。 雪のなかを裸足で逃げたこともあります。ズックを履いて、車の鍵を握りしめて寝ました。

来る日も来る日も、夫への恐怖と憎しみで、まさに生き地獄。

しかし、転機はふいに、ひとすじの光のように訪れたのです。 ある日、パート先の病院で片付けをしていた私は、数冊の宗教書を見つけました。

「うわぁ。私、こういう本好きなんです」

院長の奥さんに言うと、「どうぞ読んで。すごくいい本よ」と、私に譲ってくれました。

その宗教書は、大川隆法先生の『太陽の法』でした。その晩、布団に入って読み始めると、止まらなくなりました。

(今までの本とは違う。私に必要なことが書いてある)

私は寝る間も惜しんで、夢中になって読みふけりました。

どの本も、人生の答えに満ちていました。一度では理解しきれなくて、同じ本を、何度も何度も、読み返しました。

(「心の三毒(※)」か。私の心にもあるね。でも、反省が必要なのは昭義さんだ。私は悪くないよ)

本の内容に感動しながらも、私は心のなかで、夫を責め続けていたのです。

心の三毒
不幸の元になる煩悩ぼんのうの代表的なもの。とんとは貪りの心、じんとは怒りの心、は愚かな心。

この宗教なら……

「あの本、すごく感動しました」。院長の奥さんにそう伝えると、幸福の科学の集いに誘ってくれました。

初めての集いで、私は、夫の暴力と借金づくしの数十年を打ち明けまfした。せきを切ったように、溜めていた思いが溢ふれ、涙が止まりませんでした。

「坂本さん、本当に大変な苦労をしてきたなぁ」

「そだね。だけど、どんなに苦しい人生でも、幸福の科学の教えで、必ず幸福になれるよ」

三帰誓願さんきせいがん(※)して、一緒に学んでいきましょうよ」

私は、皆さんの勧めに従おうと思いました。

(この宗教なら、本当に幸せになれるかもしれない……)

「坂本さん、家庭内暴力は、悪霊が影響してるんですよ。この『正心法語しょうしんほうご(※)』を読むと、仏の光で悪霊が逃げていくから、毎日読むといいですよ」

「はい、分かりました」

私はその日から、いただいた根本経典きょうてん仏説ぶっせつ正心法語しょうしんほうご(※)』を読み始めました。

三帰誓願さんきせいがん
ぶっぽうそうの「三宝さんぽう」に帰依きえして、修行を続けることを誓うこと。
仏説ぶっせつ正心法語しょうしんほうご
幸福の科学の根本経典きょうてん。大切な7つの経文きょうもんが収録されている。毎日読むことで、天上界と同通し、悪霊を遠ざけ、人生を切り拓く力がある。

自分の心を変える?

「また昨日、お父さんに殴られたんだ」。私は何かあるたびに、支部長に訴えました。

「幸子さんも大変だけど、まず旦那さんに感謝しねぇとね」

「だって支部長、借金されて殴られて感謝なんて……」

「そうやって責め続けるから、暴力が止まねんだ。 まず、旦那さんのいいところを素直に見るように、幸子さんの心を変えなくちゃ。 それが、心の修行なんだよ」

(あぁ、そうだ。先生のご本にも、そう書いてあった。だけど、どうしても恨みつらみが出てきて、感謝なんて……)

あるとき、支部の皆さんと、幸福の科学の那須なす精舎しょうじゃ(※)に参拝に行く機会がありました。

山々に囲まれた那須精舎は、天国のように美しいところ。 広い境内地けいだいちを歩き、大ストゥーパのエル・カンターレ像(※)の前でお祈りをすると、夫への恨み心がスーッと消えていくような、不思議な感覚がありました。

(なんだろう。こんな幸せな感じは、初めてだなぁ)

毎日毎日、こんな平和な気持ちで生きられたら、どんなにいいだろうと思いました。

「人間は、魂修行のために、人生の課題を設定して生まれてくる」と教わりました。 私の課題は、夫との調和です。

夫を許し、感謝できるようになりたいと、心底、思いました。

那須なす精舎しょうじゃ
栃木県那須町にある幸福の科学の精舎しょうじゃ(研修・礼拝施設)
エル・カンターレ像
地球の至高神しこうしんであり、大宇宙の根本仏こんぽんぶつである主エル・カンターレを象徴する御本尊ごほんぞん。幸福の科学の支部や精舎に安置されている。

自分を変えたくて

「子供のために」

支部に、那須なす精舎しょうじゃの館長さんが来られる日には、夫のことを相談して、ご指導を仰ぎました。

「坂本さん、旦那さんが出かけるときには、玄関まで出て、『行ってらっしゃい』と言いなさい。そしてドアを閉めてからでいいから、『お父さん、今日もお仕事、ご苦労様です』と、感謝するんです」

思い切って、やってみました。

「昭義さん、行ってらっしゃい」

最初は、そんなセリフを言うのが苦しくて。 でも、一度言えると、次はもっと楽に言えました。 「やらなきゃ何も変わらない」と自分に言い聞かせ、感謝の言葉を口にするように努力しました。

すると本当に、家の空気が穏やかになるのです。

けれども、私が少しでも、夫を低く見るような態度をとると、またすぐに殴られました。

「良くなったと思ったら、また、殴られました」

「じゃあ、もっと優しい言葉をかけてごらんなさい」

三歩進んで二歩下がる、というふうに、夫との調和は一足飛びにはいきません。

ただ、「私の不幸は夫のせいだ」と思い続けてきた私が、「自分の心を変えることで幸福になれる」という心の法則を信じ、実践し、少しずつ幸福感を感じられるようになったことは、何よりの奇跡です。

一方、夫は、私が支部や精舎しょうじゃに行くと、「早く帰ってこい!」と怒ります。

(昭義さんも、信仰に目覚めてくれればいいのに……)

突然の宣告

しかし2009年12月末。

夫は突然、心臓病で倒れました。

「心臓肥大です。奥さん、覚悟してください。これでは、年末までもつかどうか……」

(え?昭義さんが、死ぬ?)

突然の宣告に戸惑いながら、私は、夫を自宅に寝かせて、支部に向かいました。

支部には、ちょうど館長さんがいらして、病気を治す修法しゅうほう『エル・カンターレ ヒーリング(※)』と、悪霊撃退の修法しゅうほう『エル・カンターレ ファイト(※)』のやり方を教えてくれました。

「家に帰って、この修法を旦那さんにやってあげなさい」

自宅に戻ると、夫は、胸を押さえて息もできないほど……。

「昭義さん、とにかく、私と一緒にお祈りして!」

私は必死になって、仏に祈りました。正心法語しょうしんほうご」と、「主への祈り」「守護しゅご指導霊しどうれいへの祈り」「病気平癒へいゆ祈願」「悪霊撃退の祈り」をあげ、夫に向けて、教わった修法しゅうほうを行いました。

(あとは、天におまかせしよう――)

『エル・カンターレ ヒーリング』
祈願文きがんもん①』に収録されている「病気平癒へいゆ祈願」で行う修法しゅうほう
『エル・カンターレ ファイト』
祈願文きがんもん①』に収録されている「悪霊撃退の祈り」で行う修法しゅうほう

奇跡をいただいて

次の朝。

「昭義さん、具合は?」

「あんなに苦しかったのに、幸子がお祈りしたら、楽になったんだよ。よく眠れた」

主人は別人のように、すっきりした様子です。昨日まで、体を横にできないほど苦しんでいたのが噓のようです。

「お父さん、良かったねぇ!奇跡をいただいたね!」

それ以来、夫は、「おい、お祈りしてくれ」と、私に頼むようになりました。 お祈りの間、夫はじっと手を合わせ、何かを感じている様子――。

そして数日後。 夫が突然、三帰誓願さんきせいがんをしたいと言ったので驚きました。支部長さんが、喜んで迎かえてくれました。

「坂本昭義さん、あなたは、ぶっぽうそう三宝さんぽう帰依きえしますか?」

「はい。私は、仏・法・僧の三宝に帰依することを誓います」

御本尊に信仰を誓う夫の姿は、まるで別人のよう。

「余命数日」と宣告されてから6日後。再び病院に行くと、担当医が首をかしげました。

「なんでこんな、急に良くなったんだか……」

私たちは、顔を見合わせて笑いました。

夢のような日々

それからの1年間は、夢のような日々でした。

「おーい、母ちゃん! お祈りするぞー!」

2人でのお祈りが日課になりました。 夫がいちばん好きなお経は、『仏説ぶっせつ正心法語しょうしんほうご』のなかの5番目の、『解脱げだつの言葉 仏説・八正道はっしょうどう』です。

冷静に 己れの 内を 見つめては

心の 実相じっそう 摑むなり

まず 煩悩ぼんのうの 炎を鎮め

執着の 思いを 除き はじむべし

(『仏説・八正道』より)

「こういう心で生きることが、大事なんだなぁ……」

経文きょうもんを読み返す夫の姿に、私も、自分の心を反省しました。

(私は被害者だと思っていたけど、私の我の強さが、夫の怒りを引き出していたんだ)

たまに口ゲンカをして、お祈りをしないと、夫は心臓が苦しくなりました。 そこでお互いに反省して、お祈りをすると、心臓がスーッと楽になるのです。

信仰の力を、実感する日々。

そして毎月、那須なす精舎しょうじゃにお礼参りに行くことが、私たちの楽しみになりました。大ストゥーパのなかで目を閉じて、美しい瞑想曲に聴き入ります。

「俺はここが好きだー。ずっといたいくらいだ」

夫は音楽が大好きで、合唱の親善公演でヨーロッパに行ったときも、海外の有名な指揮者に絶賛されるほど、歌の才能に溢れた人でした。

穏やかな心で向き合うと、忘れていた夫の長所や、魂の輝きが、たくさん見えてきます。

あるとき、夫がぽつりと、こんな言葉を言ってくれました。

「ねぇ幸子。幸子のいいところは、笑顔なんだよ」

思いがけない言葉に、夫の優しさが、伝わってきました。

(今まで悪人と決めつけて、責め続けて……。昭義さん、ごめんなさい。 これからは今までの分も、仲良く暮らそうね)

天国でまた会いたい

天国でまた会いたい

けれども、ともに信仰の道を歩み始めて、ちょうど1年になる2011年1月。 夫は再び、心臓疾患で入院してしまったのです。

ICUに入っていた1週間、毎日、耳元で「正心法語しょうしんほうご」を読んであげると、夫は何度も「ありがとう、ありがとう」と言いました。 そして、「気をつけて帰れ」と、気遣ってくれました。

それが、最期の言葉でした。

夫のお葬式には、3つの合唱団が駆けつけ、それぞれにお別れの曲を歌って、別れを惜しんでくださいました。 大好きな合唱で見送ってくれた皆さんに、夫の魂も、心から感謝していたと思います。

少しずつ遺品の整理をしていると、夫の、18歳のときの日記が出てきました。開いてみると、どのページにも、私の名前が書いてあります。

――町田(旧姓)が、今日も健やかであるように願う。

ページを埋める、几帳面な文字に、当時の思い出が鮮やかに甦って、涙がこぼれました。

(昭義さんは、私のこと、こんなに大事に思っていてくれたんだ。 ずっと、すれ違ってばかりだったけど……)

2人の40年間は、お互いを責め続けた、苦しい日々でした。 けれども最後の1年は、過去の不幸が全部帳消しになるほど仲良く暮らし、限りない幸福感に満たされていました。

今世、信仰の喜びを魂に刻めたことが、私たちの人生の、一番の宝物だと思います。

人間の生命は、魂を磨くために、永遠の転生輪廻てんしょうりんねを繰り返しています。 来世、2人が生まれ変わって出会うときは、もっと素敵な関係になっていますように……。

そう願いつつ、これからの日々を、信仰とともに、大切に過ごしていきたいと思います。

昭義さん、天国で会える日を、楽しみにしています。

(※文中に出てくる名前は、全て仮名です。)
「ザ・伝道190号」より転載・編集

心の処方せん

Play
お近くの幸福の科学の支部

支部では職員やスタッフが人生相談をお受けし、あなたを幸福にするお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

ザ・リアルドラマ「自殺してはいけない本当の理由」