HOME > 大切な方を自殺で失った方へ

大切な方を自殺で失った方へ

Bereavement by Suicide

「今思うと、あれが予兆。なぜ気づいてやれなかったのか…」「あの時、話を聞いてあげていれば…」―遺された方のそんな自責の気持ちは無理もありません。しかし、自殺のサインは専門医すら見逃すことも多いですし、家族でさえ、完璧に配慮することはとても難しいことです。もし、遺された皆さんが日々自分を責め、悩んでいる姿を、亡くなった本人が見ているとしたら…。きっと、本人も余計に苦しむことになるのではないでしょうか。

大川隆法総裁の教えの中から、いま、あなたに必要な心の処方せんを選びました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死は永遠の別れではない

死は、肉体人間にとっては確かに悲しいことではありますが、霊的な目から見れば、あの世への旅立ちであって、本来の世界に還ることです。この世の生活は、外国の学校に留学しているようなものであり、留学が終わって本国に還ることが死なのです。
人情として、あるいは文化として、死を悲しむのは分かりますが、悲しみすぎると問題があるのです。

大川隆法著『永遠の生命の世界』より
死は永遠の別れではない

苦しみを乗り越えるための、明日へのヒント

ヒント1 完璧でない自分を受け入れる
もし今あなたが自分を非常に責め、毎日、夜も眠れずに苦しんでいるならば、不器用に生きている自分を認めてあげることも必要です。完璧な自分のみを求めてはいけません。そういう自分であるということは、地上で魂の修行をしているということ、魂の学校で学んでいるということにおいて許されているわけなので、それを耐え忍び、許す心が大事です。
ヒント2 苦しみに時効をかける
そうはいっても、自責の念が薄らぐには、やはり一定の時間が必要です。時間の力を借りて、法律の世界に時効という制度があるように、「心の苦しみにも時効があってよい」と考えてみませんか。他人の罪を、勇気を出して許すことが大切なように、自分を許す勇気も持ちたいものです。亡くなった人も、遺族がいつまでも苦しみ続けることを、決して望んではいないはずです。
ヒント3 永遠の生命を信じる
死後の生命を知ることで、大切な人を失った悲しみを乗り越え、生きる勇気につながったという遺族はたくさんいます。霊的に見ると、自殺者の魂は地上で迷うケースが多いのですが、だからこそ、遺族が正しく勇気ある生き方をすることが、そうした迷える魂に救いを与えるきっかけにもなるのです。
そして、自殺遺族が心の苦しみを乗り越えるには、やはり、人間の罪と許しや永遠の生命に関する宗教的真理の知識を知ることが欠かせません。縁ある人々が互いに支え合うと同時に、こうした真理を理解することが、さらなる悲劇を防いでいくことにもつながるのです。
残された家族がこの世で正しく生きる姿を見せることで、亡くなった人も正しい生き方を学ぶことができます。それが、迷っている霊を救う力になっていくのです。

自殺遺族として同じ立場の人々に伝えたいメッセージ — 複数の自殺遺族への電話インタビューより

残された家族も、自分のことを人生の失敗者だと思っているかもしれないけれど、
そんなことはありません。あまり自分のことを責めすぎないでください。

泣きたい時は、人前でも泣けばいい。

苦しんでいるのは、あなたも私も同じです。

人間はだれもが、自分の魂修行のために生きています。
ご家族の死は、決してあなたのせいばかりではありません。

自殺を考えている人と出会い、その人を助ける側に回ったとき、
自責の念で悩んでいた自分が救われた気がしました。

遺された者の悲しみを知っているからこそ、
同じ体験をして苦しむ人の力になれると信じています。

一生懸命生きてください。

聴く処方せん(ラジオ番組「天使のモーニングコール」より)

幸福の科学の人気ラジオ番組「天使のモーニングコール」(全国38局、海外1局)の過去の放送の中から、今のあなたに聴いてほしい番組をご紹介します。(音声にてお聴きいただけます)

Play
お近くの幸福の科学の支部

支部では職員やスタッフが人生相談をお受けし、あなたを幸福にするお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

ザ・リアルドラマ「自殺してはいけない本当の理由」